消えたら困る!大事なデータを守る3つの方法

2013-12-17

 

仕事の大事なデータ、家族の大切な写真、みなさんはどうやって守っていますか?

ほとんどの方がパソコンや携帯に入れたままではないでしょうか?

パソコンに入れてるデータもパソコン自体が壊れてしまえば簡単には取り出せなくなってしまい、症状によってはデータの復旧に数万円から十数万円の費用がかかってしまいます。

携帯電話の中の写真も携帯電話を無くしたり、壊れたりしてしまえばほとんどの方がデータはあきらめてると思います。

しかし、下記にある3つの方法でもしもの時にあきらめずにすみますよ。

1.外付けハードディスクに保存する

hd_一番大容量を保存できるのが外付けハードディスクに保存する方法です。

今では容量1TBのものなら¥7,000ほどで購入できます。

取り付けも電源を繋いでUSBケーブルをパソコンに繋ぐだけで使えます。

もしパソコン本体が壊れても他のパソコンに繋げばすぐにデータが取り出せます。

ただ、パソコンと同じように外付けハードディスクも壊れてしまうことがあります。

2.DVDメディア・USBメモリにコピーする

容量が多くなければDVDやUSBメモリに保存することもできます。usb

DVDなら4GBほど、USBメモリなら32GBほどのデータが保存できます。

ただしこれは、昔うちでもよくどこに直したかわからなくなったり、なくてしまったりしたことがあります。

USBメモリはものが当たって曲がってしまって読み取れなくなったりもしました。

3.クラウドサービスを利用する

これはインターネットを介してサーバーにデータを保存する方法です。dropbox1

スマートフォンで撮影した写真も簡単にサーバーに保存することが可能で

そのおかげで iPhone や PC が壊れたり、紛失したとしても、ID とパスワードさえあれば Dropbox に保存したデータにアクセスできます。

2GBまでは無料ですがすぐにいっぱいになってしまうので有料プランで容量アップすることもできます。

おすすめはDropboxが使いやすくて良いと思います。

すべてメリット・デメリットありますので組み合わせて利用するのが一番確実にデータを守ることができます。

もし、データ消えてしまってお困りの際は当社までご相談下さい。

toiawase

Copyright(c) 2013 PCサポーター小倉 All Rights Reserved.